最適な塗り替え時期


見た目だけでは分かりにくい外壁の劣化は、プロに診断してもらうことで判明します。それでもおおまかな塗り替え時期が分かれば、お金を予め準備しておくこともできるでしょう。

マイホームを長持ちさせるために必要

そもそもどうして外壁の塗り替えが必要なのかというと、家を長持ちさせるためなのです。見た目ではまだまだ大丈夫そうに見えても、少しずつ劣化は始まっています。

外壁塗装を行うことで壁を補強することができます。雨降りや台風などによる雨水の漏れを防ぐこともできるのです。もしも劣化したまま放っておけば、痛んだところからどんどん家がダメになってしまいます。外壁塗装どころか、大掛かりな修理が必要になることでしょう。

一般的な塗り替え時期は

あくまでも目安ですが、家を建ててから10年経ったら一度見積もりを出してもらうといいようです。家を建ててから10年後、20年後、30年後というように10年間隔で塗装をすれば、外壁が必要以上に傷むことを防ぐことができます。

定期的に外壁塗装を繰り返すことができれば家が常に丈夫な状態に保てます。もちろん見た目にも美しさを保てますから、あのお宅はいつもきれいにしている、と評判にもなるでしょう。

素人でも簡単にできる塗り替え診断

10年に一度はあくまでも目安です。暮らしている地域によって天候も様々ですから、まずは目視でできる簡単チェックをしてみましょう。

外壁塗装が剥がれていませんか?
ヒビが入っていませんか?
外壁の塗装の色が塗りたてのころより色あせていませんか?
よく見ると外壁が汚れていませんか?
カビや藻が付着していませんか?
サビや腐食は見当たりませんか?
壁をこすったとき手に粉がつきませんか?
(これはチョーキング現象といって防水加工が劣化している証拠です)

これらが見受けられるようなら外壁塗装業者に見積もりを依頼するといいでしょう。10年経っていなくても診断の結果、塗装したほうがいいと言われたら見積もりを出してもらいます。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング