ベランダは防水シートが必要なのか


ベランダの防水には防水シートが必要でしょうか?

ベランダの防水は必ず必要な塗装で、そのときの施工方法の種類として防水シートを選択できます。
例えばシート防水による施工だとベランダに伸縮性に富んだシートを張り巡らせてその上からトップコートを塗る方法が主流で、防水シートを使わない施工方法も存在しているといえます。

必ずしも防水シートが必要だとは限らないもののベランダの形状によっては防水シートが良いこともあり、違う塗膜防水の方が良い場合もあります。
ベランダの防水は建築時に必ず行うほか、改修時にも行います。
建物の状態に合わせて防水方法を選択して行う方法と、定期的に5年から6年ほどのサイクルでトップコートを再塗装する方法があります。

ベランダの防水はあくまでも防水シートにこだわる必要はないものの防水シートを使用したときは次の補修のときにシートの撤去作業も必要になるので少してまがかかることがあります。
塗装だけの防水でも高い防水精度がありますがより確実で物理的な防水方法なので確実に防水したいというときは防水シートが良いというケースもあります。

ベランダの防水は鉄筋コンクリート造が多い

マンション、アパートでも鉄筋コンクリート造の建物の多くはベランダも同じような造りになっていて戸数が多いほど同じ造りになりやすいといえます。
そのためベランダの防水も各部屋ごとに行うことが普通です。
反対に木造のベランダだとベランダ部分が鉄や軽量材質で作られており防水シートなどは使わないことも多くあります。

こうしたことから鉄筋コンクリート造の建物の方が実際のベランダ防水を行うことが多く、マンションなどの場合は各部屋ごとに防水を行うことが多いといえます。
さまざまな条件に合わせた防水方法が適用され、場合によっては塗膜防水になることもあります。
防水されているとカビの等の発生もある程度防げるので安心してベランダに出られます。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。



外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
徹底比較ランキング