外壁塗装、手抜き工事の見分け方


外壁塗装はDIYと専門業者の両方で可能

家の外壁は日を重ねる毎に劣化をしていきます。
もちろん新築時に高い劣化・汚れ対策をしていればその劣化の進行は遅くなりますが劣化を完全に止めることは出来ません。

そこで劣化や破損、汚れが進行した時には外壁塗装を実施する必要があります。
一般的には専門の塗装業者に依頼することが多い作業ですが個人のDIYで行うことももちろん可能です。

外壁塗装をDIYで行う時に必要なものは塗料と刷毛、ローラーなどのほかに養生用のシートやマスキングテープなどです。
また足場のレンタル、組み立ても必要で安全性等を考えるのであれば専門の業者に組み立てをお願いした方が良いでしょう。

外壁塗装、手抜き工事の見分け方

外壁塗装を専門の塗装業者にしてもらう場合は業者の選定に注意しましょう。
一部ではありますが悪質な詐欺まがいの業者に外壁塗装を依頼してしまうと高い料金を払っているにも関わらず手抜き工事をされて工事後すぐに問題が発生するかなんていうことも起こりえます。

手抜き工事を行う業者も表面上はわからないこともあります。
ある程度外壁塗装工事の知識を持っておけば業者の手抜きにも気付くことができます。

例をあげて説明していきましょう。
まずは塗装前の汚れ落とし作業の高圧洗浄から。

高圧洗浄機による洗浄では汚れが完全に落ちていないのに作業を完了させたことにしているなどということがあるかも知れません。
作業完了後の状態をチェックするか、作業時間の長短で手抜きをしていないか判断しましょう。

下地の補修、処理作業で手抜きをされるのはシーリング剤やコーキング剤を適正に行われないなどの手抜き工事が考えられます。
次に養生ですがここで手抜きをされると塗料が塗装箇所以外に飛散して汚れてtしまう可能性があります。

塗料に関しても注意が必要です。
塗装工事前の見積もりで指定した塗料よりも安い塗料を使う悪徳業者もいます。

この他塗料を薄めたり塗装回数を減らしたりする業者もいますので定期的に作業内容のチェックなどは行うようにしましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。



外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
徹底比較ランキング