外壁塗装のよくある失敗例を紹介


外壁塗装のよくある失敗例を紹介

外壁塗装をするときに気を付けていないと失敗してしまうことがあります。
代表的なものでは、定期的な外壁のチェックをしていなかったために、補修費用が高くなり高額な費用になることや、悪徳業者に引っかかってしまうこと、工事の際に施工不良が発覚する、近隣住民に迷惑をかけるなどがあります。

どのケースもよくあるもので、特に日ごろから外壁に関心が薄くて、小さな劣化を見落としてしまい、補修費用が大きくなってしまうケースは建物にとってもかなり深刻な状態になります。
外壁に一筋のひび割れがあったとしても、それを気にせずに処置しないでいれば、そのひび割れから水分やカビなどが侵入して被害を拡大してしまいます。

その被害が木部まで達すれば、建物そのものの深部が腐敗して、ひどい場合には傾いたり東海することにもなります。
費用の面だけで納まれば良い方ですが、建物に甚大な被害が及べば、それこそ費用な何千万円にもなり、建て替えを余儀なくされることもあります。

カラーでの失敗は実はよくあること?

外壁塗装をするときに、カラーのイメージ違いはよくある失敗の1つで、カラーシミュレーションを使用しても若干の違いは生じるといえます。
シミュレーションはあくまでも全体のイメージを把握するためのもので、確実な色を再現するものではありません。

濃淡の違いはよくあることで、思ったよりも濃い・薄いということは少なからず発生しています。
ですが、ピンク色の外壁が良いと思ったのに、黄色になっていたというようなことはないので、感覚的な違いという意味あいになります。

また失敗例としては周辺の住宅との調和がとれないということがあります。
カラー選択を間違った、または周辺を見ていなかったということになると、外壁塗装工事をしているさなかから批判が殺到することもあるので、周辺の住宅との調和については、事前に考えたり把握しておくことが必要です。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング