口コミで選ぶ愛知・名古屋の外壁塗装 > 外壁塗装についてもっと知ろう > 外壁塗装工事をする場合でバルコニーの防水工事は必要なのでしょうか?

外壁塗装工事をする場合でバルコニーの防水工事は必要なのでしょうか?


バルコニーの防水工事は必要か

外壁塗装工事をする場合でバルコニーの防水工事は必要なのでしょうか?
バルコニーが劣化していると雨漏りの原因になりますから外壁工事と一緒にするといいでしょう。

バルコニーは日常的に紫外線と雨のダメージが溜まってきています。
ベランダは屋根がありますがバルコニーは屋根がありません。
より一層、傷みが進みやすいです。

バルコニーの傷みを修理しないで放置していると、雨水のダメージによって傷みが進みます。
外壁内部や室内への雨漏りを引きおこします。

バルコニーの防水工事を確認する

外壁塗装でバルコニーの防水工事は確認だけでもしておきましょう!
外壁塗装のタイミングは10年に一度の間隔ですから点検だけでもしておくといいです。

バルコニー単体のメンテナンスはなかなか踏み切れないからです。
バルコニーの劣化を10年に一度の外壁塗装でも見逃すとどうなるでしょうか?
ますます、補修するタイミングは減ってくるのです。

室内に雨漏りがしてきたり手すりが老朽化すると部分的な補修工事では済みません。
高額な防水リフォーム費用が発生してきます。
大規模でお金がかかるリフォーム工事になる前に、外壁塗装をするタイミングでバルコニーの点検だけでも受けておくことをお勧めします。

外壁塗装でバルコニーの防水工事をする施工方法とは?

トップコートだけを塗り替える方法
防水層まで傷みが進行していないならば、トップコートの塗り替えだけでいいです。
主にウレタン系の塗料が使用されます。
ゴムのような弾性を持っていますから、ヒビ割れを防ぐ効果もあります。

トップコートは5年から10年に一度かヒビ割れが起きたタイミングでの取り替えが必要です。

防水層も補修してトップコートを再塗装する方法
防水層まで傷みがある場合は、まずは防水層の傷みの補修をします。
その後、トップコートも再び塗り替えをします。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング