口コミで選ぶ愛知・名古屋の外壁塗装 > 外壁塗装についてもっと知ろう > 外壁塗装後に気泡を発生させない方法にはどんなものがあるのでしょうか?

外壁塗装後に気泡を発生させない方法にはどんなものがあるのでしょうか?


外壁塗装後に気泡を発生させない方法

外壁塗装後に気泡を発生させない方法には、どんなものがあるのでしょうか?

高圧洗浄をしっかりして汚れを取りのぞくといいでしょう。
気泡が発生する理由で多いのが塗装前の下地処理不足があります。

塗装する前の外壁には油分・コケ・カビ・埃・耐久性を失った古い塗膜などの異物が付いています。
こういったものが残っていると外壁塗装しても塗料が異物に邪魔されます。
密着できず浮いてしまうと塗料そのものの乾燥が阻害されてしまいます。

塗膜が浮いてしまったり、正常に塗料が乾燥できないと施工後に気泡が発生するのです。

外壁塗装後に気泡を発生させないケレン作業とは?

塗装面の鉄部が錆びているとサンドペーパーやヤスリで研磨して錆を除去します。
この作業がケレン作業です。
金属系サイディングの外壁や鉄製の付帯部が使用されている建物は大切な下地処理になります。

外壁の表面にヘアクラックが起きていると、割れ目の部分をフィラーなどの下地材を塗布して凸凹を埋めておかなければなりません。

外壁塗装後に気泡ができるのは乾燥時間もあるの?

乾燥時間を守らない場合にも気泡ができることもあります。
外壁塗装では乾燥時間を守らないといけない場面が2回あります。

1回目は「下地処理をする前に高圧洗浄をして、その水が乾燥するまでの時間」です。
2回目は「塗料を重ね塗りするときに1層ずつ乾燥させる時間」です。

高圧洗浄作業はたくさんの水を使って洗い流します。
数時間の乾燥時間で乾ききることはありません。
高圧洗浄したあとは最低でも1日は必要。

気温や日当たり具合によっては2日間の乾燥時間が必要です。
しっかりと水分を飛ばさなければなりません。
余分な水分が残っていると外壁塗料が密着できず乾燥することもできなくなります。

塗る度に1日ずつ塗料の乾燥時間を設定するようにしたいですね。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング