口コミで選ぶ愛知・名古屋の外壁塗装 > 外壁塗装についてもっと知ろう > 同じ塗料じゃないので注意!遮熱塗料と断熱塗料の異なる点は?

同じ塗料じゃないので注意!遮熱塗料と断熱塗料の異なる点は?


夏の時期になると部屋の中の気温が上昇して日常生活の中で支障が出る事も少なくありません。

それで外壁塗装をする時に断熱性を高める事を重視する人が増えてきています。

外壁塗装にではいろいろな塗料を使用する事が出来ますが、断熱性を高めたい時は遮熱塗料や断熱塗料を選ぶ人が多いです。

遮熱塗料と断熱塗料は断熱性を高める事が出来る点では共通していますが、異なる部分もあるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこで遮熱塗料と断熱塗料の特徴を見ながら異なる点を確認していきましょう。

遮熱塗料は熱を反射させてくれる

外壁は日常生活の中で太陽の日差しを浴び続けているので熱が部屋の中に入ってきてしまう事も多くなります。

しかし遮熱塗料は熱を反射させてくれる作用があるので外壁塗装で使用すると室内まで熱が入ってこなくなります。

それで室内の温度が上昇するのを防いでくれるので冷房を使用する頻度も少なくなり節電の効果も期待出来ます。

遮熱塗料を使用して外壁塗装をすると耐久年数も10年から15年と言われているので持続力も高いと言えます。

断熱塗料は熱伝導を抑えてくれる

太陽の日差しを浴び続けていると外壁全体に熱が伝わってしまい部屋の中の温度が上昇してしまうケースもよくあります。

しかし断熱塗料を使用して外壁塗装をすると熱伝導を抑えてくれるので部屋の中の温度が上昇するのを抑える事が出来ます。

熱を反射する場合は暖かい空気はすべて外部に出てしまいますが、熱伝導を抑える場合は暖かい空気はしっかり残してくれます。

それで夏の時期に部屋の温度の上昇を抑えるだけでなく冬の寒い時期に部屋の中の温度を一定に保ち続ける事が出来るようになります。

まとめ

遮熱塗料と断熱塗料の特徴を見てみると断熱性の高め方が異なる事が分かります。

熱を反射させて断熱性を高めたい時は遮熱塗料、熱伝導を抑えて断熱性を高めたい時は断熱塗料を使用して外壁塗装をしてみましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング