外壁塗装の見積り重要なポイントとは


外壁塗装の作業内容と必要な材料

住宅の屋根や外壁などの外装は自然が起こすダメージを常に受けているため日々劣化が進行しています。塗装が塗ってありその塗膜によって素材は守られています。
が、紫外線・風雨により塗料の性能を低下させ約10年くらいの頻度で塗装を塗り替えていくことが必要です。

外壁塗装には塗り替え用の塗料が必要なことは言うまではありませんがこのほかにもいろいろな材料が作業には必要です。
外壁塗装を施工する場合、まず作業用の足場を設置することになります。

その後には高圧の水で洗浄をします、ここまでに必要なものとしては洗浄中に水が飛散しないようにするシートなどが必要です。
その後壁・屋根の補修個所を修正しますがこの際にパテなどが必要になります。

塗装をする際は塗料が周囲に付着しないようにする養生のシートと固定する養生テープが必要になります。
その後塗装作業に入りますが上記のようなものが塗料以外にも必要になってきます。

外壁塗装の見積り重要なポイントとは

外壁塗装リフォームはいくつもの作業工程により進行していきますが、その内容や材料などによって費用は変わってきます。
外壁塗装を依頼するときには業者側から見積書が出されますがこの見積書をチェックするときには重要なポイントがあります。

一つ目は塗装する外壁・屋根の面積の数値についてです。
床面積のことは知っていても外壁・屋根の面積については知らない人が多くこの部分で必要以上の面積で見積書を提出する業者もいます。

二つ目は塗料の単価で塗料の種類によって単価が違っています。
塗料の単価は1平米当たりで算出していますが通常単価よりも高い単価で見積もりをしてくる場合があります。
※シリコン塗料 2500円~3000円 フッ素塗料 4000円前後 光触媒 4000円~5000円(1平米あたり)

最後は合計施工金額になります。
一般的な30坪~50坪の住宅であればシリコン塗装で平均100万円前後が相場になっています。
見積書の合計金額が200万円以上で見積書を出してくる業者もあるということで明らかに高額な見積書は疑ってしかるべきと考えます。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング