口コミで選ぶ愛知・名古屋の外壁塗装 > 外壁塗装についてもっと知ろう > サイディングを使うメリットとデメリットとは?

サイディングを使うメリットとデメリットとは?


外壁塗装に使われる主な手法とは?

「サイディング」と「塗装」の2種類があります。
まずは、この違いから理解しましょう。

■サイディング
現在の新築建造物の多くに使用されている外壁塗装。
サイディングボードと呼ばれるパネル状の板を使用します。
外壁に直接ボードを貼り付ける方法になります。

■塗装
日本国内だけでなく、海外での歴史も古い「塗装壁」の方法です。
多くの建造物が、壁の基材に砂とセメントを混ぜた「モルタル」と呼ばれる材を塗装する手法が多かったです。

現在では圧倒的にサイディングによる外壁塗装の数が多いです。

サイディングを使うメリットとデメリットとは?

サイディングを使うメリットはコレ!
■塗装工事にかかる時間が短い
壁の基材部分にボードを貼り付ける手法で行われますからスピーディーな作業になります。
■仕上がりにばらつきが少なく、品質が安定
経験豊富な熟練した技術者でなくても簡単に行えます。
あらかじめサイディングボードのデザインも決まっているので仕上がりが違うことはありません。
素材のバリエーションも豊富でタイル調、石貼り調、木目調などが選べます。

【サイディングのデメリット】
■メンテナンスの費用がかさみやすい
サイディングボードをはじめ、ボードとボードの間を埋めるコーキング材、塗装に使用される塗料など使われている材の種類が多いのが特徴。
定期的にメンテナンスを行う際には、材の劣化にそれぞれ対処が必要です。
そのため、費用がかさみやすい傾向があります。
■すでに使用しているボードが廃盤になってしまっている場合もあります。
デザインが決まっているため、劣化したボードを取り替えようとした際に廃盤になってしまっているかもしれません。
その場合は全てのサイディングボードを張り替えなければなりません。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

人気ランキング

外壁.com

公式HPを見る

安くて誠実価格!安いからといって多くの実績を誇る外壁.comは安心して任せられる外壁塗装会社です。
見積もりシミュレーションの特許取得をしていて、ネットで出してもらった見積金額と同じなので安心です。
もし超えた場合には5%まで保証もしてもらえるので助かります。


アイセイ堂

サムネイル
公式HPを見る

国家資格を持っている職人が在籍しているアイセイ堂は、創業昭和47年で長い歴史のある塗装店です。


児玉塗装

サムネイル
公式HPを見る

児玉塗装では「下地処理」「塗装」「付帯部」この3つにこだわっており、下処理をすることで耐久性のある外壁に仕上がります。


当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

外壁塗装についてもっと知ろう

業者を探す


PAGE TOP
サイトマップ | 運営者情報| プライバシーポリシー | お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング